• 「市川房枝」ってどんな人なの?
  • 婦選 アーカイブス
  • アクセス

女性と政治参画基金

女性の政治参画基金

公益財団法人市川房枝記念会女性と政治センター事業の一環としての「市川房枝女性の政治参画基金」は、女性が民主的ガバナンスの担い手となるために、女性の政治参画の推進につながる女性団体・個人の活動や調査研究等への助成を行うものです。

基金の概要

当センターの創始者市川房枝(1893-1981)は婦人参政権運動に生涯を貫きました。

1953年参議院議員に初当選以来、歳費・手当の増加分を当センターに寄託し、この寄託金は1975年に公職選挙法が改正されるまで積み立てられました。1983年3月末、総額は2000万円となり、議員を辞めた後は、これを女性の地位向上などに役立てたいと考えていました。1983年、その志を生かして2000万円で「市川房枝基金」を創設。2010年に理想選挙推進市民の会から指定寄付1400万円をいただきました。2011年度から名称を「市川房枝女性の政治参画基金」と改称しました。

募集要項(PDF)第34回 募集締切り
応募用紙(PDF))第34回 同上

◎過去の助成対象者リスト(PDF)