アメリカ女性参政権100周年記念オンラインシンポジウム

女性の政治進出で分断社会を乗り越えられるか


【主催者メッセージ】

1920年8月26日アメリカ合衆国の女性たちは合衆国憲法修正第19条により参政権を獲得しました。100周年を迎えた今年、連邦議会の女性議員は過去最多の127人(全体の23.1%。下院の世界ランキング82位)を数えます。その背景には女性候補を支援する運動が広がり、近年は#MeToo運動で声を上げる女性も増えるなど、女性たちのエンパワーメントがあります。一方、いまだにERA(男女平等憲法修正案)は採択されていません。シンポジウムでは歴史を振り返り、さらに今日の分断社会を女性たちの政治進出で乗り越えられるのか。女性国会議員世界ランキング166位の日本の私たちも考える機会としたいと思います。

主催:(公財)市川房枝記念会女性と政治センター

共催: 米国大使館

後援: クオータ制を推進する会/国際婦人年連絡会/国連NGO国内女性委員会

日時

2020年8月26日(水)14:00~15:45

参加費

 無料

パネリスト

 栗原涼子さん(早稲田大学、東京女子大学他非常勤講師)

メリッサ・スウィーニーさん(米国大使館 政治部安全保障政策課長)

中林美恵子さん(早稲田大学社会科学部教授)※モデレーター兼

定員 500名(登録先着順)
開催方法

オンライン(限定公開、Zoomウェビナー、日英同時通訳つき)

申込

方法

下記URLの登録フォームよりお申込みください。

https://zoom.us/webinar/register/WN_KtUgfufORH-tnEQ_evoxhw

詳細

こちらのチラシ(PDF)よりご確認ください。