市川房枝政治参画フォーラム2018「2019統一地方選直前セミナー ~議会はあなたを待っている」

【主催者メッセージ】

政治を志し、これから立候補を考えている方、現在準備している方、大切な意思決定の場にチャレンジするあなたを応援します。政策決定過程の出発点に立つために「住民参加型選挙」で挑戦しませんか。セミナーでは、住民参加型選挙運動を実践してきた現職議員がハンドブックを活用してお話しします。また、公職選挙法改正によりインターネット選挙はどう変わったのか。

専門家にレクチャーをしてもらいます。午後は、「地方議会の役割」について地方政治の専門家による講演もあります。多くの方の参加をお待ちしています。

日時 2018年8月20日(金)9:50~15:30
プログラム

■講演:「住民参加型選挙運動の実際」

  選挙運動の準備/わたしの選挙運動

■講演:「2019年統一地方選に向けて、ネット選挙はどう変わったか」 

  青木佑一氏(早稲田大学マニフェスト研究所 プロジェクトリーダー/招聘研究員)

■講演:「地方議会の役割は何か ー住民自治を取り戻すために」※

  江藤 俊昭さん(山梨学院大学教授)

   ※この講演は2018連続講座「綻び見える日本の課題」第3回として行うものです。

■交流会(午前から参加の方対象。自由参加〈茶菓費500円〉)

参加費

6,480円(ハンドブック代込み、現職議員以外は3,240円)

午前・午後通しでのご参加を優先します。

既に連続講座を年間通しでお申し込みの方は1,620円引きとなります。

定員 約25名(要予約、受付先着順)
申し込み方法 8月16日(木)までに下記フォーム、メール、FAX、電話でお申し込みください。

2018 脱原発1日セミナー「日本の原発政策を問う」

【主催者メッセージ】

柏崎刈羽原発を抱える新潟の県知事選で自民・公明が推す候補が野党統一候補を破った4日後、東電は福島第二原発4基廃炉の方針を表明したが、「遅きに失した」との批判の声も聞かれる。今年のセミナーは、経済学者が「日本の原発政策」 に切り込み、また被ばくから子どもを守る母親らの ドキュメンタリー映画上映と監督のトークを企画。いまだ収束できない「福島を忘れない」……皆さんのご参加をお待ちしています。

日時 2018年8月3日(金)10:20~16:30
プログラム

■講演「 日本の原発政策はなぜ失敗するか」

 金子 勝氏(立教大学大学院特任教授・慶應義塾大学名誉教授)

■ドキュメンタリー映画「 小さき声のカノン」(119分/2015年/日本)上映

■トーク「被ばくを軽視してはいけない」 

 鎌仲 ひとみ氏(「小さき声のカノン」監督)

参加費 現職議員12,000円、現職議員以外は3,000円(ともに税込)
定員 約40名(要予約、受付先着順)
申し込み方法 7月30日(月)までに下記フォーム、メール、FAX、電話でお申し込みください。

シンポジウム「女性と明治150年―政治参加、家族の視点で考える」

【主催者メッセージ】

 2018年は、明治維新から150周年となり、明治民法親族篇・相続篇の発布から120周年にあたります。政府のホームページには、明治以降の日本の歩みを「礼賛」するような声もうかがえます。

 では、明治150年とは、女性たちにとって何を意味するのでしょうか。日本の近代の「暗」の部分、「明」の部分とは何か、女性たちの政治参加と家族という二つの切り口から迫ります。明治維新150年後の、いま、女性たちは何を問うべきなのか、ご一緒に考えたいと思います。

日時 9月29日(土)13:30~16:15
パネリスト

江刺昭子さん(近現代女性史研究者)

石崎昇子さん(近現代女性史研究者)

参加費

1,620円(税込)

定員 約40名(要予約、受付先着順)
申し込み方法 フォーム、メール、FAX、電話でお申し込みください。

2018連続講座「綻び見える日本の課題」

【主催者メッセージ】

改憲や野党の離合集散、与党の強引な国会運営をはじめ、神戸製鋼などの品質データ偽装、大手ゼネコンのリニア新幹線談合、裁量労働データ歪曲、また公文書管理の問題などなど、政治や経済、行政さまざまな分野で日本社会の綻びが見えてきました。今年も月1回、各分野の専門家の話を聞き、何が問題なのか、ご一緒に考えましょう。

日時

2018年5月~2019年3月(全10回)

原則第2土曜 13:30~15:30(開場13時)

参加費

【全10回】15,200円(税込)※ 当財団特別維持員は14,000円(税込)

【1回毎】 1,620円(税込)※学生800円(税込)

講師

【2018年】

5/12終了「『無戸籍問題』とは何か」井戸 まさえさん(ジャーナリスト)
6/9終了「安倍改憲と国民投票」渡辺 治さん(一橋大学名誉教授)

8/20「地方議会の役割は何か ー住民自治を取り戻すために」江藤 俊昭さん(山梨学院大学教授)

9/8「裁量労働データ歪曲と「働き方改革」」竹信 三恵子さん(ジャーナリスト・和光大学教授)

10/13「政治と教育のはざまで」前川 喜平さん(現代教育行政研究会代表)

11/10「核兵器禁止条約~私たちができること~」川崎 哲さん(ICAN国際運営委員)

12/8「アイヌ民族の歴史と現在」児島 恭子さん(札幌学院大学教授)

 

【2019年】

1/12「なぜ、菅官房長官の会見に臨むのか~安倍政権とメディア」望月 衣塑子さん(東京新聞記者)

2/9「日本政治の行方」中野 晃一さん(上智大学教授)

3/9「男女平等進化論~男女共同参画策定等にかかわった体験から」鹿嶋 敬さん(一般財団法人女性労働協会会長)

定員 約40名(要予約、受付先着順)

申込

方法

フォーム、メール、FAX、電話でお申し込みください。